« ソニエリ携帯 | トップページ | マンガ喫茶 »

2004年6月15日 (火)

1.21 ジゴワットって?

日本語字幕
日本語字幕
1.21ジゴワットだと?

英語字幕
英語字幕
1.21 gigawatts!
映画、BACK TO THE FUTURE(バック・トゥ・ザ・フューチャー)で、ドクが叫ぶ「1.21ジゴワット!」。なんかよくわかんないけど、とにかくすごい電気なんだろう....と思わせられる謎の単位ジゴワット。

ホントにこんな単位あるの〜?

気になるので検索してみた。結果は....誤訳説が有力らしい。正解は「gigawatts」。ギガだったんですね。ワタシは本映画が大大大好きなので DVD も持っている。問題のシーンを字幕を含めて載せておきます。

ただ、音声を聴いてる限りでは、確かに「ジゴワット」って聞こえるんだよなぁ。興味ある人はこの音声ファイルも聴いてみて。


「giga」って、ネイティブの人が発音すると「ジゴ」になるの?「俺のマシン、CPU は 2 ジゴヘルツで、ハードディスクは 120 ジゴバイトなんだぜ〜」とかって言い方もありなの?ホントは「mega」も「メゴ」とか「ミゴ」だったりするんじゃないの?教えて!エライ人!

さらに単位関連を調べてみると「ギガ」の次は「テラ」で、その次は「ペタ」らしい。


ぺた?


「ぺた」の次は「エクサ」「ゼタ」次は....


よた?


いつの日か「ぺたバイト」とか「よたバイト」という言葉が、スペックヲタの間で自慢気に語られるんだろうな〜。

|

« ソニエリ携帯 | トップページ | マンガ喫茶 »

コメント

ジゴワットに関しては、Bob Galeのミスです。本来gigawattと書くべきこの単語のつづりを、Bob Galeはjigowattだと信じてこんでしまっていたために、脚本にも実際そう書いてしまったのです。詳しくはRegion 1 DVDに付いてるBob Galeのインタビューをごらんください。

投稿: 安岡孝一 | 2005年1月16日 (日) 23:06

安岡様。
コメントありがとうございます。回答が遅くなってしまい申し訳ございません。
これほど有名な映画のセリフに製作者の「勘違い」が潜んでいるなんて面白いと思いました。制作中に誰も気付かなかったのか?という、新たな疑問も湧いてきてしまいました……。
とは言え、私も当時は「ジゴ」という単位が本当にあるものだと、何の疑いも持たずに観ていましたが。(笑)
ひとつ勉強になりました。ありがとうございました。

投稿: ヒカルロボ | 2005年4月 8日 (金) 03:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/2794154

この記事へのトラックバック一覧です: 1.21 ジゴワットって?:

« ソニエリ携帯 | トップページ | マンガ喫茶 »