トップページ | 2004年7月 »

2004年6月29日 (火)

プライバシーガラスってどうなのよ?:その3

前回前々回の続き。メリット、デメリットはそれぞれ相反するものなので両立は難しそうだ。しかし、部分的になら技術的に解決できる部分もあるかもしれないと、3分ほど考えてみた。

今回の話は(3分で考えた)素人の思いつきレベルの発想だから、メーカーなら当の昔に考えている内容だと思う。さらに私は、技術にもレギュレーションにも詳しくないし、検証も一切していない。ツッコミどころ満載なのはご容赦を。

断熱性の向上(特に冷房のため)
● ボディに断熱材を使用して、車外とボディからの熱の影響を防ぐ

● ウィンドウを二重化し、シャッターを設ける
駐車中はシャッターを閉めて車内に日差しが入らないようにする。これによって温室効果と密閉効果による温度上昇を防ぐ。シャッターの使用は駐車中に限られてしまうが、少なくとも駐車中のプライバシーは確保出来そうだ。もっとも完全に不透明なシャッターは、色んな意味でキケンだとは思う。

シャッターでどれほど温度上昇が防げるかと思う方もいるかもしれないが…あるのと無いのじゃ全然違うはず。私の車は普段ボディカバーをしているのだが、ピーカンの時でも車内の温度は想像されるほど高くなっていない。

周囲の人にとっての視界確保(エレキの力でなんとか!?)
● 車前部に車載カメラをつけて、リヤウィンドウをスクリーン化
前方の視界をリヤウィンドウに投影すれば、後続車にとっては前方視界を確保できる。かなり乱暴な方法だな。しかし、トラックとかに装備されると嬉しい仕組みだ。将来的にはカメラの画像をネットで飛ばして後続車が前方の交通状況をチェック、なんて出来るかもしれない。まぁエレキの話なので、コストを考えなければ何でもアリか。その気になれば、ガラスを液晶スクリーンにして、カメラ画像を流しつつ透明度も自由自在なんて事も出来るのかも…。


思いついたのはこんなところ。他にも色んなアイデアがあると思うし、案外 DIY 的な簡単な工夫で解決できる部分もあるのかもしれない。「ワタシはこんな工夫をしている!」という意見があれば、コメントして頂けると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月27日 (日)

プライバシーガラスってどうなのよ?:その2

後ろから 前回はプライバシーガラスのメリットについて書いたが、今回はデメリットについて考えてみる。デメリットは、以下の点が挙げられるだろう。
  1. ドライバー自らの後方視界の低下
  2. 周囲のクルマ(人間)の視界を妨げる
  3. ドライバーが見えない
自らの後方視界の低下
1 については言うまでも無く、直視およびバックミラーから見える後方視界の事である。私はプライバシーガラス装着車を運転した事が無いから想像で言うのだが、特に夜間の視界の低下は危険ではないだろうか。交差点を左折する時など、左後方の二輪車や歩行者がハッキリ見えているのだろうか。

周囲の人間の視界を妨げる
しかし一番心配なのは 2 の方である。プライバシーガラスを貼ったクルマの後ろを走ると、そのクルマの前の交通状況が分からなくなる。通常、ドライバーは自分の直前を走る1台のクルマだけを見て走っているのではない。無意識にずっと先(前方)の交通状況にも注意を払っている。

例えば信号待ちの列に並ぶとき、自分の 3 台前を走るクルマのブレーキランプが点灯するのを確認できれば、それだけ早く右足をブレーキペダルに置く事が出来る。ところがプライバシーガラスを貼ったクルマが自分の直前を走っていると、これが出来ない。(正確に言えば出来るのだが、前方の情報量が少なくなってしまっているために、反応が遅れがちになるというコト。それだけ集中力を要する。)

プライバシーガラス装着車のドライバーは、追突されるリスクが多少なりとも高くなっている事を理解すべきだろう。
死角の図

ドライバーが見えない
プライバシーガラス装着車の場合、周囲の人間がドライバーの様子をうかがう事が出来ない。名前通りの機能を果たしているガラスだが、逆を言えば周囲の人間からドライバーの意図を読み取りにくくしているガラス、とも言える。

クルマの運転は状況予測の連続だから「周囲を見る」と同時に「周囲から見られる」ということも大切だ。「あのクルマはどこへ進もうとしているのか?」という手がかりを、プライバシーガラスは少なからず遮断しているのではないだろうか。

デメリットを挙げはしたものの…
私はプライバシーガラスの意義を否定するつもりは無い。ただ、装着しているクルマに乗っている人は、多少なりとも危険とのトレードオフであることを理解した上での運転を心がけて欲しいと思う。例えばブレーキを踏む際には、タイミングを早めかつ弱く踏み、ゆっくり減速するなど工夫すれば、後続車から追突される危険は減るだろう。

安全な運転とは、あらゆる状況を予想して走る事だと思うし、それを助けるのは自動車メーカーの義務だと思う。自動車メーカー自らが自社製品の「安全性」を声高に謳うのであれば、プライバシーガラスがどう発展すべきかについて再考して欲しいと思う。

なお、プライバシーガラスについては以下のページに詳しく書かれているので、興味を持たれた方は下記リンク先をご覧あれ。

このページの作者は自動車メーカーや関係機関へのアンケートも行っていて、読みごたえアリ。プライバシーガラスだけでなくクルマの安全全般についても書かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月24日 (木)

プライバシーガラスってどうなのよ?:その1

プライバシーガラス(スモークガラス)を装着しているクルマが増えている。窓ガラスがサングラスのように黒い、アレである。昔はユーザーが自らフィルムを貼っていたわけで、ちょっと怖そうなお兄ちゃんが乗っていそうなイメージもあった。しかし、最近ではメーカーが標準で色付きガラス装着車を販売している。

ちなみに法規上では、フロントウィンドウおよび前席サイドウィンドウのみ「可視光線透過率70%以上」を満たせば良いという事であり、リヤウィンドウと後席サイドウィンドウは規制が無い。

プライバシーガラスのメリットについては、以下の点が挙げられるだろう。
  1. 車内温度の上昇を防ぐ
  2. 車内のプライバシー保護
  3. クルマの見栄えが良くなる(カッコよく見える)
プライバシーガラスのメリット
1. については、暑い夏場のエアコンの効き具合を考えると納得できる。
パチンコ屋の駐車場の車内に幼児を放置した場合、死に至るまでの時間を延長できるかどうかは甚だ疑問ではあるのだが、特にワンボックスなど容量の大きい車にとっては、プライバシーガラスの効果は無視できないのかもしれない。女性にとっては日焼けも気になる事だろう。

2. についてはどうか?
私は車内に守らなければならないほどのプライバシーがあるのか疑問に思う。一体何を隠さなければならないのか?逆を言えば、プライバシーを気にする人はいつも人のクルマの中をジロジロ覗いているんじゃないのか?と、疑ってしまう。中には車内で××する人もいるだろうが…えぇなぁ。しかし、プライバシーの感覚は人それぞれ。プライバシーガラスによって「守られている」という安心感が生じる感性を否定するつもりは無い。

3. については、確かにクルマがパキッとしてカッコよく見える。
ただ、上記2点の理由と比較すると「実用」と言うよりは「娯楽」の要素であると言えよう。

そして、プライバシーガラスは良い事ばかりではない。
続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月16日 (水)

マンガ喫茶

Photoもし、読みたいマンガが決まっているならば、マンガ喫茶よりも BOOK OFF の方が得だ。少なくともワタシの場合は。

いつも行く店(5回くらいしか行った事ないけど)は5時間コースで1300円。読むのが遅いから、1冊読むのに最低40分かかる。

5時間(300分)÷40分=7.5冊

という計算をすると、1冊読むのに173円かかる事になる。BOOK OFF でマンガが1冊100円で買える事を考えると割高じゃないか。

もっともマンガ喫茶だって、場所代とドリンク飲み放題という点を考えると妥当かとも思う(ドリンクが無ければ「喫茶」じゃ無くなって、ただの「マンガ」になっちゃうね)。マンガ片手にマッサージチェアに座って「うへへぇ〜」となれるのも、マンガ喫茶ならでは。

マンガ喫茶という空間、廃人感タップリでたまらない。決してオアシスではなく、駆け込み寺というか一時待避所というか、吹きだまりのような、そんなマイナスイメージがあって好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月15日 (火)

1.21 ジゴワットって?

日本語字幕
日本語字幕
1.21ジゴワットだと?

英語字幕
英語字幕
1.21 gigawatts!
映画、BACK TO THE FUTURE(バック・トゥ・ザ・フューチャー)で、ドクが叫ぶ「1.21ジゴワット!」。なんかよくわかんないけど、とにかくすごい電気なんだろう....と思わせられる謎の単位ジゴワット。

ホントにこんな単位あるの〜?

気になるので検索してみた。結果は....誤訳説が有力らしい。正解は「gigawatts」。ギガだったんですね。ワタシは本映画が大大大好きなので DVD も持っている。問題のシーンを字幕を含めて載せておきます。

ただ、音声を聴いてる限りでは、確かに「ジゴワット」って聞こえるんだよなぁ。興味ある人はこの音声ファイルも聴いてみて。


「giga」って、ネイティブの人が発音すると「ジゴ」になるの?「俺のマシン、CPU は 2 ジゴヘルツで、ハードディスクは 120 ジゴバイトなんだぜ〜」とかって言い方もありなの?ホントは「mega」も「メゴ」とか「ミゴ」だったりするんじゃないの?教えて!エライ人!

さらに単位関連を調べてみると「ギガ」の次は「テラ」で、その次は「ペタ」らしい。


ぺた?


「ぺた」の次は「エクサ」「ゼタ」次は....


よた?


いつの日か「ぺたバイト」とか「よたバイト」という言葉が、スペックヲタの間で自慢気に語られるんだろうな〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年6月13日 (日)

ソニエリ携帯

W21Sソニーエリクソンとしては初の、au のパケット定額サービス CDMA1X WIN に対応した機種となる W21S の写真が流出している。昨日の早朝は 2ch の携帯板でもちょっとした祭りだったみたい。
sureare.com(Θケータイのアレ)
http://sureare.com/
anm (au NewModel Maniacs)
http://jmpd.jp/~anm/
写真が1枚しかないし、ディテールもスペックも分からないから何とも言えないけど、ナカナカ良いのでは?あまり新鮮味が感じられないカタチ....いやいや、新しいモノには弱いワタシは評価甘め。綺麗にまとまってるんじゃない?早く発売してくれ。ここ最近使ってきた4機種がずっとソニエリ(ソニー)なので期待、期待。

ソニエリ携帯の特長といえばジョグダイヤルと、それをうまく利用した GUI の操作性だろう。説明書をほとんど読まずに使いこなせてしまうのは素晴らしいと思う。昨年、ウチの母もソニエリの携帯を使うようになったのだが「メニューはこういう仕組みになってるんだよ」と1度説明したら理解してしまったようだ。

インターフェイスは好みの問題もあるだろうから一概には言えないが、ソニエリの携帯はメンタルモデルがうまく持てるように配慮されている方だと思う。他メーカの機種も最近は考えられているのかな?

ただ、最近のソニエリのホットモックを弄った感じでは、画面がチャラチャラしてる感じで、いかにも若者に媚びた感じがイヤラシイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月12日 (土)

ドレミノテレビ(NHK教育)

深夜、たまたまテレビをつけてみると「きらきらぼし」や「グリーングリーン」「てのひらをたいように」といった懐かしい曲が、やけにカッコイイ歌声で流れている。むむ!UA じゃないか!しかも、すごい衣装着て子供たちと踊ってるし。なんだ、この番組は?「みんなのうた」のサブカルバージョンか?

NHK の子供向け歌番組、ドレミノテレビ。
http://www.nhk.or.jp/doremi/index2.html

ノリはこんな感じ。
http://www.nhk.or.jp/doremi/cast/index.html
りあるぷれーやーがあれば、ほーむぺーじからむーびーをみることができるよ。むーびーは「ほうそうよてい」でぃれくとりにあるよ。

随分と前からやってる番組のようなので、知っている人は知っているんだろうけど、最近知ったワタシはちょっと驚いちゃったよ。「ううあだよ!」とか「この腰の振りが大切よ!」とかしゃべってるし。

こーゆー企画いいなー。NHK やるなー。
子供はもちろん、UA を聴いてる世代(お母さんたち)にも、普段は UA を聴かない層(オレだ)にも訴求できるんじゃないかな。子供たちに向けて、色んな打楽器など持ち出しているところも好感持てます。

しっかり CD も出てるし。(ちょっと欲しい)

ワタシはたまたま深夜の再放送で知ったのだが、通常は良い子が起きている時間に放送されている。
♪モリイロ キンピカ リンランロン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月11日 (金)

権八(ごんぱち):西麻布店

小泉首相とブッシュ大統領が飲んだ店。
串焼きと蕎麦がメニューの半分を占める。


店内の雰囲気も良く(お金かかってそう)、料理はそこそこ美味しいし、立地条件の割に値段も押さえられていて嬉しい。

レイアウトは ZEST 恵比寿店を和風にした感じだな〜、店員もハキハキしてるしな〜、と思っていたら、経営は ZEST やモンスーンカフェでおなじみのグローバルダイニングでした。

話のネタにも良いお店かと思います。

ワタシが行った時、領収証をお願いしたら何故か食事の値段ではなくお釣りの値段(¥3,010)が記入されていた。う〜ん....。別にいいんだけどね (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月10日 (木)

迷車図鑑

気に入ってるページなので紹介します。

くるまずかん on WIRE :迷車図鑑
http://www.linkclub.or.jp/~denki/kuruma/meisya/index.shtml

名車ではなく、迷車について書かれています。クルマ好きの人なら、思わず「プッ」となること請け合い。「博士」と「助手」の掛け合い形式で語られているところが、また面白さを倍増させています。

「名車」とも「不人気車」とも片づけられない、まさに「ビミョ〜」なクルマが勢ぞろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 9日 (水)

ワタシが使ってきたPC(その1):SHARP PC-1251 + CE-125

ワタシが初めて所有したコンピュータは SHARP PC-1251 だ。「これはPCじゃねーだろ!」とゆーツッコミもあるかもしれないが、Pocket Computer なのでPCと言えよう。

写真はこのページ
↓ドイツのサイトですが...コレクターさんなんでしょうか?
Tony's Taschenrechner-Sammlung Calculator-Collection
http://www.thimet.de/CalcCollection/Calculators/Sharp-PC-1251/Contents.htm

手にしたのは、確か小学校高学年の頃だったと思う。当時はパソコン黎明期で、コンピュータは海のものとも山のものとも分からない時代だった。何故ワタシがパソコンじゃなくポケコンに興味を持ったかは不明....。

親父に秋葉原に連れてってもらって買った(買ってもらった?)。今思うとあの時が生まれて初めてのアキバ体験だったのかも。

嬉しかったなぁ。だって買う前から穴が空くほどカタログを眺め倒し、BASIC プログラム入門みたいな本を見ては「このゲームを打ち込んでみよう」と妄想を膨らませ、子供ながらに「なんでABC順じゃないの?」と、すごく不思議に思った QWERTY 配列を画用紙に模写し、そのキーボードをデスクマットに挟んでタイピング練習するほど欲しかったんだもの。子供の執着心ってすげーよな。

PC-1251

PC-1251 にはプリンタとデータレコーダが一体になった CE-125 というオプションがあった。今で言えばノートパソコンのドッキングステーションみたいな感じ。データレコーダは当然テープなのだが、それがマイクロカセットだった。ピーヒョロロガガピーって音と共にプログラムをロード&セーブしていたのが懐かしい。プリンタだって感熱ロール紙で、スーパーのレジから出てくるレシートみたいなもんだ。

当然ながら?市販のソフトなどもなく、ちゃんと使おうと思ったら自分でプログラムを組むか、本に載ってる BASIC プログラムをシコシコと打ち込むしかなかったです。ワタシはゲームばっか打ち込んでました。キャラクタも英数しかなかったけれど、強引に(グラフィックとして)「光は天才」とか表示させて喜んでたな....アホだ....。

この PC-1251、今は実家の押し入れでひっそり眠っています。液晶もとうに寿命を迎えているから、もう使う事も出来ないけれど、捨てる事の出来ない想い出の機械です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯・PHS契約者数(2004年5月)を見て

ITmedia の記事
ボーダフォン、3Gが増加、PDCが純減〜5月契約者数
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0406/07/news056.html

純増数単月シェアは、8ヶ月連続で au が1位。すっかり定位置の感がある。ドコモも新世代FOMA 900i シリーズの効果で、一時期ほどの落ち込みでは無くなった。ツーカーは問題外として、ボーダフォンに復活の策があるのか疑問。
KOTO?
KOTO なんてゆーデザイン重視の新機種を出したりしているが、 INFOBAR を見て慌てて作った「付け焼き刃」感が否めない。形状・カラーリング的にはガンダムケータイ W11K っぽいかな。W11K のデザインは好みじゃないケド....。Vodafone Desigin File にしても au design project の後追い感タップリ。

個人的には、デザインを良くして行こうという動きには大賛成だ。しかし、もしデザインをマーケティングのツールとしてしか見ていないようなやり方なら、それは長くは続かないだろう。技術と文化の未来を見つめ、しっかり腰を据えて取り組んで欲しいし、それによってデザイン・機能ともに美しい携帯が生まれてくる事を期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 7日 (月)

SETI@home

SETI@home ScreenShotSETI@home の活動が6年目に入ったとか。有名なので今さら紹介するまでもないと思うが、地球外知的生命体を探すプロジェクトで、映画「コンタクト」でもおなじみ。

日本語のページはこちらにある。

SETI@home: Search for Extraterrestrial Intelligence at Home(in Japanese)
http://www.planetary.or.jp/setiathome/home_japanese.html
日本惑星協会(解説があります)
http://www.planetary.or.jp/

なんともロマンチックなプロジェクトだ、と思って参加したのは何年前のことだったかな。これまで、6400CPU時間をかけて192ユニットを送信した。33時間/1ユニットという計算になる。

何台かのマシンで計算させてきた。PentiumII/450MHz(HP.KAYAK) だと60〜70時間かかっていた。Celeron/266MHz(HP.Vectra) でも同じくらいだったかなぁ。とにかく遅かった。現在使っている PentiumIII/1GHz マシンだと35時間くらいか。

Mac の場合(CPU 周波数だけで比較すると)Windowsに比べて速い。G4/350MHz(AGP)でも25時間ほどで1ユニットを計算する。G4/500MHz(PBG4/Titanium) だと20時間を切るくらい。

CPU だけで単純に比較するのはナンセンスだろうが、x86系と PowerPC 系の得手不得手が見えるようで面白い。

メインマシンである PowerBookG4/1GHz にはまだ計算をさせたことが無い。なにしろ一度計算を始めると冷却ファンがブンブン回り始め、その一途さが不憫に思えてしまうからだ。

自分が生きている間に知的生命体が見つかるとは思っていなけれど、地べたに寝っころがって星を眺めたりすると「絶対いる。いないわけがない。」と思えてきてしまう。

"So if it's just us,it seems like an awful waste of space."
「この広い宇宙に地球人しかいなかったら、空間(space)がもったいない」(コンタクトより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 6日 (日)

たばこ屋のおばちゃん

IMAGE PHOTOたばこ屋には2種類あると思う。一つは、お客さんとその人が買う銘柄を覚えいるお店。もう一つは覚えていない店。

ワタシとしては前者の方が嬉しい。だから、近所に何軒かたばこ屋があっても、いつも同じ店で買ってしまう。

先日、そのお店にたばこを買いに行くと、お店のおばちゃんと近所のおばちゃんらしき人が店先で談笑していた。話がノっているように見えたから「少し待つか」と思って少し離れて眺めていると、たばこ屋のおばちゃんは談笑を続けながら、さっさと LARK MILD 1カートンを袋に入れ始めた。ヲイヲイ、まだ注文してないよ。

談笑が終わったようなので、ワタシが店先に立つと
「勝手に袋に詰めちゃったけど、これで良かったかしら?」(笑)

一日中、家にこもってモニターと向かい合う生活をしていると、こんなことでも下町人情的なものを感じて嬉しくなるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 5日 (土)

エンジンオイル:MOTULのフィーリング

MOTUL 300V HIGH RPM(0W-20)愛車ロードスター(NA6)のエンジンオイルを交換。

これまで入れていたのは MOTUL 300V POWER RACING(5W-30)だったが、今回は更に低粘度の MOTUL 300V HIGH RPM(0W-20)を入れてもらうことに。ショップの方が言うには「低粘度なので更にレスポンスが良くなる」という話だったが、ワタシの街乗りレベルでは体感できず....鈍感なワタシ....(^^;

交換後、シフトタイミングの調整がうまくいかずにギクシャクしたのは、レスポンス向上の為なのか、プラシーボ効果なのか、はたまたピーカンなのにやせ我慢して屋根を開けていたせいで頭がおかしくなったのかは謎です。今日すれ違ったオープンカーは、みんな屋根を閉めてたヨ....。開けろよ!ゴルァ!

今回はそれほど体感出来なかったにせよ、ロードスターと MOTUL オイルの相性はすごく良いと思う。前回初めて「300V POWER RACING(5W-30)」を入れたときには「オイル一つでこんなにフィーリングが変わるものなのか〜」と感動したもの。鈍感なワタシでも明らかと思えるほど、アクセルのツキが良くなる。あのヒュンヒュン回る感覚を知ってしまうと、以前のオイルには戻せないな、と。

更に、エンジンオイル交換は1年ぶり(汗)。前回交換してからの走行距離は約4500km。以前は半年おきに安いオイルを交換していたのだが、走行距離がそれほどでもないのと、300V シリーズの価格にビビッてしまい、さぽっていたのだ。

しかし、1年ぶりにオイルを変えて(街乗りでしか確認していないが)フィーリングに大きな違いを感じられなかったのは、それだけ MOTUL の耐久性が高く、性能の落ち方が少ないということなのかもしれない。(ワタシが違いの分からないオトコ、だとゆーのはさておき)

ま、メカのお兄さんには「半年に一度は替えた方が方がいいですよ」と言われてしまいましたが。ハイ、反省してます....。(^^;

廃油を見せながら劣化具合について説明してくれたりと、とても感じの良い、親切なメカさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 4日 (金)

野菜ジュースに栄養はあるのか

一人暮らしのワタシの食生活は乱れがち。健康には気を遣わねばならない年齢だし〜、ということで野菜ジュースを出来るだけ飲むようにしている。いつも買うのは伊藤園の「充実野菜」。カゴメより安いんだよね....。

けれども、野菜ジュースって本当に栄養になっているのか?という疑念も無きにしもあらず。同じような疑問を持ったアナタ、この資料が参考になると思います。

国民生活センター(2000年11月6日公表)
野菜系飲料等の商品テスト結果
—手軽に野菜が摂れるとうたったものを中心に—
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20001106_1.html

詳細情報(PDF)
http://www.kokusen.go.jp/cgi-bin/byteserver.pl/pdf/n-20001106_1.pdf

やっぱり、本物の野菜にはかなわないみたい。普段野菜をとらない人にとっては、野菜ジュースを飲んだ方が良いけれど、それでオッケーだと過信しちゃいけないって事らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 2日 (水)

とりあえず公開

ココログに登録しました。Niftyのアカウントを残しておいたのが幸い。しばらくはテスト運用。駄文失礼。

| | コメント (0)

トップページ | 2004年7月 »