« キター! au が CDMA 1X WIN 端末を3機種発表 | トップページ | アクセシビリティ »

2004年7月16日 (金)

さようなら、オービタル(涙)

解散が決まった Orbital。この週末(7/18)横浜アリーナで開催される WIRE04 でのステージが見納めとなる。
Orbital KORG Prophecy AD
↑上司に説教されているかのような目線が印象的

ラストライブの場所に日本を選んでくれた事は嬉しいのだが、'90年代初頭から活躍し始めて、今や大御所の Orbital が解散と聞いたときはショックだった。WIRE04 行きたかったな…。

テクノが好きな人はご存知だと思うが、Orbital はPhil Hartnoll と Paul Hartnoll の兄弟ユニットだ。アルバムのクレジットは「P&P Hartnoll」となっている。「P&P」でまとめちゃってるところが粋ですな。

私はファンであるにも関わらず、「坊主頭の方」と「髪がある方」という認識しかなく「どっちが兄よ?」と言われても答えられないのが悲しいところだ。良い覚え方知ってます?
 
Orbital_Photo
Apple 1984
それにしても、二人とも人相悪いというか、なんというか。アップルの有名な CM「1984」の 20周年記念版(左)に、実は Orbital が紛れているなんて言ったら、みんな信じるんじゃないかしら。
 
彼らの音楽で、私が特に好きなところは「とってもシンセらしい音」を聴かせてくれるところだ。アナログシンセ的な音色で「フィルターウニウニやってませ〜!」というというのも当然大好きなのだが、物理モデリングシンセを使い始めた(と思われる)4th アルバム「In Sides」あたりでも「新しいデジタルシンセの音色なんです!」という雰囲気が漂っていてイイんだな、これが。サンプラーの使い方も「サンプラーらしい音色」にこだわっているようで気持ちいいし。

シンセサイザーの音色を心地よく聴かせてくれたアーティストということで、今日は 1996年の KORG(コルグ)のカタログをスキャンしてみた。上のでっかい写真がそれ。Orbital は「Prophecy(プロフェシー)」というシンセサイザーのキャラクターとして登場していた。知っている人は懐かしいでしょう…。

Orbital が名前を変えて復活することを願う。
エレグラ(Electraglide)あたりで、あっさり来日をキボン。無理だろうな…。

|

« キター! au が CDMA 1X WIN 端末を3機種発表 | トップページ | アクセシビリティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/2794165

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、オービタル(涙):

« キター! au が CDMA 1X WIN 端末を3機種発表 | トップページ | アクセシビリティ »