« 2004年10月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年1月 1日 (土)

たこ焼きで験を担ぐ

新年明けましておめでとうございます。

昨年は途中からめっきりと更新が途絶えてしまった。書きたいネタはたくさんあるんだけど、余裕ナシ。今年はたくさん書けると良いな……。今年の一発目はチョー個人的などーでもいい話題から。(しかしワタシの身近な人には気をつけてもらいたい内容)


初詣

2005年元旦の「K」
2005年元旦の「K」

2005年元旦のたこ焼き
2005年元旦の朝日とたこ焼き

正月といえば初詣。さっそく行ってきた。毎年、元旦早朝の夜が明ける頃に、日本で4番目くらいに参拝者の多いお寺「K」にお参りに行く。参拝者の多いお寺でも、明け方なら並ばずに賽銭箱にたどり着ける。

そして、ワタシの初詣には験を担ぐためのルールがある。

  1. 必ず一人で行く
  2. お寺に着いたら、まず境内の出店でたこ焼きを食う

この2点を守らないと、元旦から凹む事になるのだ。

すべてはおみくじのために。


それは1997年からはじまった

1997年、元旦
ワタシはまだピッカピカの社会人1年生。会社の同期Mと共に「K」へ初詣に行く。そこで引いたおみくじは、二人とも「凶」だった。おみくじの後、出店で飲んだ酒は心なしか苦かった。

1998年、元旦
会社の先輩Wさんと共に「K」へ初詣に行く。そこで引いたおみくじは、二人とも「凶」だった。おみくじの後、先輩と私の会話は途切れ途切れになった。

どういうことなのか?「K」は手ごわい。このままやられっぱなしではいけない。そこでワタシは次の年から初詣の行動パターンを変えてみる事にした。それが先に述べた2点のルールなのだ。


1999年以降は……

「K」のおみくじ
「K」のおみくじ

仲見世通り
仲見世通りにて

このルールを実行し始めた1999年から、ワタシは「凶」を引いていない。因果関係は全く不明であるし「何故たこ焼きなのか?」と問われても答える事はできないのだが「何度もおみくじを引かせよう」という「K」のマーケティング戦略から逃れる事には成功しているのかも!?いや、いま気付いたが、たこ焼き(500円)を買う金でおみくじ(100円)が5回も引けるんだよな。やっぱりハメられているのか?


2004年

1999年以降「K」には必ず1人で行っていたのだが、2004年1月3日は友人MとOが遊びに来たので一緒に行くことに。とは言え、ワタシはすでに元旦に引いていたので、見守る事にした。結果は2人とも「凶」。納得がいかない2人はもう一度引くとにしたのだが、Mは「大吉」を引き当てるも、Oはまた「凶」。
2004年、2月5日。友人Nが厄除けに来て、おみくじを引くも「凶」。

どうやらワタシと一緒に「K」に行くのは、とっても危険な行為のようだ……。 ワタシとしても友人が「凶」を引いて凹んでいる姿を見るのは忍びない。

そんな友人達にワタシは優しい言葉をかける。
「おみくじごときで自分の運命を悲観するもんじゃない。未来は自分で切り開くモンだよ。」と。(ウヒャヒャ)


さて、今年は

大吉を引き当てたよ!
大吉の罠にかからないよう、気持ちを引き締めて臨みたいと思うのでした。

みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2005年3月 »