« たこ焼きで験を担ぐ | トップページ | ファインダーから作品観賞 »

2005年3月 2日 (水)

電車の席

電車の席

私は電車通勤をしているのだが、途中で乗り換えが3回ある。乗る車両の多くは4ドアタイプの一般的なもので、座席は7人掛けである。で、人気がある席はやはり端ッコの席(ドアの横)なわけで、両端から席が埋まっていくのである。図1

最近の座席はデザイン的にも考えられていて「ちゃんと7人で座れ!」とゆー意味を込め、1人分のくぼみや色付けがされている。最初にこの発想でデザインされたのは中央線だったと記憶している。もう15年以上前の話だったか、茶色い7人掛け座席の真ん中にオレンジ色の四角いサインを設けていた。図2

さらにそれを推し進めて、'90年代の京浜東北線では座席を強制的に4:3に分割する柱を設置した。当時は「そこまでしなくても〜」と思ったものだ。図3

さて本題。電車がすいているとき、図1のようなタイプの7人掛けの座席で、両端に人が座っている場合に、次に座る人(3人目)がどこに座るか。

オレ的には図4の様に真ん中に座るヤツはけしからんと思うのだ!次に座る人が必ず誰かの隣になってしまう上に、「さてどっちに座るか」と迷ってしまう。優柔不断かつ気の弱い私はオロオロ迷いながら座る羽目になってしまうのだ。

んで、3人目の着席者が図4のように真ん中に座った場合、図5のようにワケのわからない状態になってしまっていたりする。

出来れば図6のように落ち着くのがベストではなかろーか。
別に私は怒っているとか、規律を守れとか言いたいわけじゃなく、これらの現象は中央線のデザインから始まったのかなーなどと感慨深く思っているのでした。やはり図3の柱がバランス的に一番いいのかなぁ……。

|

« たこ焼きで験を担ぐ | トップページ | ファインダーから作品観賞 »

コメント

はい。図4の様にど真ん中に座っております。
京浜東北線のみですが。
進行方向にポールがある場合は、座りません。

投稿: Retrofire | 2005年3月 3日 (木) 00:07

ワタシも、実は図4の真ん中に座る事があります。
っていうのは、まだ誰も座ってない時にその席に座る事が多いんだが、なんかみんな端っこが好きでしょう?ワタシは別に端っこじゃなくてもいいや、みたいな意識がありまして。。
真ん中に座っている状態で、両端が空いているのに、隣に座ってくる人がいると、面食らいますけどね。w

投稿: *nao | 2005年3月 3日 (木) 07:03

やーん、あたしゃーとにかく端っこ!
図4、もしくはもう端っこがないー!ちゅうことで座らない時もあるかも・・
 小学校の修学旅行で端っこを狙いすぎたため、(布団の数が部屋の広さを上回っていた惨事に出くわし)押入れで寝る羽目になった経緯を持つ私。

女子の場合限定?にて くぼみシートの車両は
ト○レ我慢するのに、図5って若干効果アリ、かも。誰か試してぇ。 (ちなみに私は降ります)

投稿: にこちゃん | 2005年3月 3日 (木) 20:20

みなさん、コメントありがとう。
Blogを書いた後もう一度観察したら、最近の座席の分割は2:3:2で分割するのが主流みたいです。
それにしても身近な人だけでもこれだけ考え方の違いがあるんだなぁ、と思うと面白いです。
知り合いの女性は学生の頃、端っこに座っていたらドア脇に立っていた人から痴漢行為にあったことがあるそうです(器用な痴漢だ……)。それ以来、端っこには座らなくなったとか。もっとも最近の電車の端っこの席は、パイプではなく壁になっているからそんなことは無いと思うけど。

投稿: ヒカルロボ | 2005年3月 5日 (土) 04:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/3136928

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の席:

« たこ焼きで験を担ぐ | トップページ | ファインダーから作品観賞 »