« 右か左か | トップページ | 歯をしまう箱 »

2005年3月23日 (水)

ユーノス ロードスター

Eunos Roadster

今日の東京地方は雨。良い天気だ。
この季節、私は花粉症のためいくつかの楽しみを奪われている。その一つがドライブ。愛車はユーノスロードスター(こんな車です・海外名 MX-5 / Miata)で、いわゆるオープンカーだ。

花粉の季節と真夏の昼間どうしようもない暑さの時、雨の日以外はほぼ必ず屋根を開けて走っている。それがオープンカー乗りとしてのプライド、そして男気だ。すれ違う他のオープンカーが屋根を閉めていると「勝ったぜ!」と優越感にひたり、自分が閉めている時に他の車がオープンにしていると「負けた……」と肩を落とす。

オープンカーに乗った事のない人は、夏が一番オープンに適した季節だと考えてしまうかもしれないが、実は夏が一番辛い。ハッキリ言って死ぬ。団扇片手にやせ我慢してもすぐに限界に達してしまう。逆に冬場は厚着してしまえば、よほどでない限り耐えられる。帽子、マフラー、ひざ掛けは必須。気温よりも周囲の視線の方が寒い。そんな格好で真冬のガソリンスタンドに入ると、バイトのお兄ちゃんが笑いを堪えていたりする。失礼だな。ってゆーかもっと笑って。

このクルマに乗っていて面白い事のひとつに、ロードスター同士がすれ違う時にドライバー同士が挨拶をする点がある。乗り始めの頃はそんな事を知らず「エッ?エェ〜?」と思ったのだが、慣れるとなんだか楽しい。対向車線にロードスターが見えるとなんだかドキドキしたり。ちなみに無視される(気付いてもらえない)ことも多い。

あと、被害妄想かもしれないけれど SUV 系のクルマから敵視されているような気がする。明らかに意図的な感じで乱暴な追い抜き方をされたり、信号待ちのとき隣に並んだクルマから「バカじゃねーの?」とか言われたこともある。ある深夜のドライブの時には、ランドローバーがピッタリ張り付いてきて、シグナルバトル(?)を挑んできたり。みんな無視したけど。

やはり SUV 系の人達は威張ってナンボなのだろうか。あちらは車高が高い方がカッコよく、こちらは低い方がカッコいいって美意識だからなー……水と油なのかも。もちろん皆が皆ではなく一部の人だけだと思うけど。でも、上で話したランドローバー君は「あそぼーよ」と誘ってきただけなのかもしれないので、無視しちゃったのは悪かったかな。

だが、何といってもロードスターのステージはタイトな峠道。それ以外の道でスピードを競っても、ミニバンにすら負けるかも知れない。ってゆーか、私は安全運転なのでバトルなどしたことないけれど。このクルマにはスピード以外に楽しむ要素がたくさんあるので、マターリ走るのが吉だとも思う。

さて、冒頭でリンクしたホームページ「How Safe is a Miata?」は、見ての通りオープンカーが事故に遭うとどんな事になるのか……という内容のページだ。どの車もヒドイ顔になっている。下の方にある黄色いのとか赤いのは「もう勘弁してくださいよ〜」って顔をしている。ガクガクブルブル。

屋根の無いクルマがひっくりかえるとどうなるのか。きっと頭が道路にこすりつけられて消しゴムのようになってしまうのだろう。ただし、近年発売されたオープンカーはちゃんと安全性が考えられていて、頭を保護するよう装置がついている。そして、満15歳を迎える私の愛車はそこまで手が回っていない。エアバッグもABSも、サイドドアビームすら無い。あるのはオーナーの愛のみだ。(´・ω・`)

豆知識:ロードスターの綴りは「Roadstar」ではなく「Roadster」です。

|

« 右か左か | トップページ | 歯をしまう箱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/3402525

この記事へのトラックバック一覧です: ユーノス ロードスター:

« 右か左か | トップページ | 歯をしまう箱 »