« エアコンの調子が悪い | トップページ | Eudora から Mail に移行……大変です!(その2) »

2005年11月13日 (日)

Eudora から Mail に移行……大変です!(その1)

Eudora 使って約10年

MacOS X Dock

ここ10年近くの間、メールソフトに Eudora(ユードラ)を愛用している。これまで他のソフト(ARENA(アリーナ)Entourage(アントラージュ))へ移行を試すものの、その度に挫折している。

今や「パソコン=通信端末」って感じだから、使い慣れたメールソフトを乗り換えるのは大変だ。仕事で使うのにメールソフトを乗り換えてトラブったりするのも嫌だし、Eudora 自体がナカナカ良く出来ているので乗り換えに対してそれ程のメリットを感じなかったこともある。遊び半分の気持ちで移行しようとしたのが挫折の理由だと思う。

MacOS X が出た当初は Entourage がナカナカ魅力的に映った。当時は MacOS X に対応したマトモな住所録やスケジュール管理をするソフトが無かったし、愛用していた「Now Up-to-Date & Contact」はバージョンアップされそうもなくて不安だったせいもある。

で、Office v.X(Office が MacOS X に対応した最初のバージョンで Entourage バンドル)が出たときに、かなり期待して Entourage をインストールしてみたわけですよ。そしたらアドレス帳(住所録)の一覧に「カナ」が出ない。いくら設定をいじっても出ない。

これはつまり50音順で名前をソート出来ないってわけだ。「いくらなんでもアドレス帳としてオカシイ」と思い、生まれて初めてマイクロソフトのサポセンに電話ちゃいました。そしたら「既知の不具合で現在(修正版の)対応中です」との回答をいただきましたよ。「それは仕様です」なんて言ったらブチ切れようかと思ってたんだけど。

( ゜∀゜)さすがマイクロソフト!クオリティタカス!もうね、マックユーザーへの嫌がらせかと。開発中に誰もチェックしてないんだよ、絶対。ただでさえマイクロソフトは敵と考えていたワタシは、その想いを256倍くらい強くして胸に刻んだのでした。(この件は、後日修正版のアップデートがありました)

Eudora にも徐々に不満が

そんなわけで、Eudora を使い続けてきたわけだけど、MacOS X に付属している Apple 純正の Mail がバージョンアップを重ねて着実に便利そうになってきたのが気になっていた。

  1. Eudora は HTML形式のメールがまともに表示されない
  2. Spotlight への対応
  3. アドレスブックiCal との連携
  4. .Macへの対応
  5. Mail のスマートスマートメールボックスが便利そう
    (iTunes のスマートプレイリストと同じようなもの)

HTML 形式のメールって別に好きじゃないんだけど、Apple を含めてメーカー等から送られてくるメールが HTML 形式だったりする事も少なくない。そのメールの内容が「特典コンテンツ(無料)をお選びください」とかでリンクボタンがあったりすると、「Eudora だとクリックできねぇ~、特典欲しいよ~」と、きりきり舞いなワケですよ。

Eudora もちょっと古さが出てきた感じかなぁ。歴史が長いソフトだけに仕方ないんだけど。加えて言うなら「ライブドアって金の亡者みたいで Eudora の将来が不安」って心情も無いわけではなかった(笑)。そしてワタシは「Apple 純正アプリで統一!?」というジョブスの策略にハマってみようかと思ったのだった。

しかし、メールの移行は一筋縄にはいかなかった。

(その2)へつづく

|

« エアコンの調子が悪い | トップページ | Eudora から Mail に移行……大変です!(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/7074631

この記事へのトラックバック一覧です: Eudora から Mail に移行……大変です!(その1):

« エアコンの調子が悪い | トップページ | Eudora から Mail に移行……大変です!(その2) »