« イメージバトン from ~抜き打ち日記~ | トップページ | Eudora から Mail に移行……大変です!(その3) »

2005年11月20日 (日)

光学ファインダー

最近では、銀塩カメラはすっかり絶滅種となった感じで、ワタシも銀塩カメラを触ることが無くなってしまっている。デジタルカメラの普及でちょっと寂しいと思うのは、昔のような「片目でファインダーを覗く」というスタイルが少数派になってしまった事だろうか。

家電量販店のコンパクトデジカメコーナーに行くと、小ささをウリにしているカメラのほとんどは光学ファインダーを搭載していない。そんな中で、キヤノンのカメラの多くには光学ファインダーが搭載されている。カメラメーカーとしての意地なのかわからないが、コダワリのようなものが感じられて嬉しい。

光学ファインダーが無い場合「カメラを体から離して液晶モニタを見ながら撮影」という事になるのだが、このスタイルはシャープの「液晶ビューカム」(1992年)というビデオカメラが最初だったように思う。シャープらしい画期的な商品で大ヒット。いま思えば同じようなコンセプトのカシオのデジタルスチルカメラ QV-10(1994年)も大ヒット。実際にワタシも後継機の QV-11 を持っていたりする。

撮影時に液晶モニタが良いなぁと思う点は「モニタに映ったものがそのまま記録される」という安心感だ。一眼レフカメラでは当たり前の事だけれど、レンズに指やストラップが被っていても、シャッターを切る前に気付くことが出来る。フレーミングにしてもそう。銀塩フィルム時代のコンパクトカメラはファインダーで見ている絵と実際にフィルムに焼き付けられる絵にはズレがあった。だから厳密なフレーミングは無理だった。(それで困ったことは無いけどね)

なんてことを言うと、液晶モニタは便利な点ばかりみたいだが、光学ファインダーに愛着を感じるオジサンとしては欠点を挙げずにはいられない。だらりと腕を伸ばしてカメラを構えるあの姿勢、いかにも手ブレしそうで好かん。片目でファインダーを覗くスタイルなら、両手に加えて頭でカメラを固定できるし脇だって締めやすい。息を殺せばバッチリさ!てなもんで。今どきのデジカメは手ブレ補正があるから大丈夫だと?何でもエレキに頼るんじゃねぇ!手ブレ補正にしたって基本を押さえてシャッターを切ってナンボなんじゃ!

空

縞模様の夕焼け
Panasonic DMC-FZ2 というちょっと古いコンパクトデジカメで撮影。FZシリーズの場合、光学ファインダーが無い替わりに EVF が採用されている。

とか言いつつ、ワタシもパナソニックの手ブレ補正デジカメ使ってますがね。スゲー便利なんだなこれが。あの安心感は一度使ったらやめられないヨ。最近のパナ製品は質感も良いし、次にコンパクトデジカメを買うときはまたパナにしようかと思う次第。

話がズレちゃった。
実はワタシも一時期コンパクトデジカメに慣れちゃって、ファインダー覗かなくなっちゃってました。ところがここ一年ほど、再び一眼レフカメラも使うようになって、コンパクトデジカメを使うときもファインダーが無いと落ち着かなくなっちゃってる。それに加えて「ファインダーを覗いている時の緊張感っていいよな」という想いも。ほら、戦場のカメラマンはファインダーを覗いているとき恐怖を感じないとか言うじゃない。

まぁ戦場のカメラマンと自分を比較する気は毛頭ないけどね。あの、ファインダーを覗いている時の「世界を切り取っている」感じ。あれはあれでイイもんだよなぁ、と思うのでした。

そういえば、ワタシの部屋にはいつ撮ったか分からん未現像のフィルムが一本転がっている。何が写ってるんだろう……。

|

« イメージバトン from ~抜き打ち日記~ | トップページ | Eudora から Mail に移行……大変です!(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/7192741

この記事へのトラックバック一覧です: 光学ファインダー:

« イメージバトン from ~抜き打ち日記~ | トップページ | Eudora から Mail に移行……大変です!(その3) »