« パーツインプレッション(その1) | トップページ | パーツインプレッション(その3) »

2006年7月20日 (木)

パーツインプレッション(その2)

前回「パーツインプレッション(その1)」の続き、愛車ユーノスロードスター(NA6)のパーツのお話です。

プラグ:永井電子 BLUE POINT POWER PLUG WIRE
プラグコード:NGK IRIWAY(イリウェイ)7番

NA6のエンジンルーム

エンジンルーム
見ての通り、全くいじってません

イリジウムプラグとイリジウムプラグ対応プラグコード。私の乗り方ではフツーのプラグ&コードで十分なのは承知していたが、めったに交換するものでも無いので奮発してみた。前回の交換から3〜4年経っていたしね。交換前は永井電子のシリコーンパワープラグコード(赤いヤツ)と、ボッシュ(BOSCH)SUPER F7DCX を使用していた。

交換前にはエンジンがかなりノイジーというかガサツな音を発して不安を感じていたが、それが無くなった。ただしこれは1年近くオイル交換をサボっていたのが主要因と思われる。実際のところ車検直前にオイル交換した時点で、かなり調子がよくなっていたので。ごめんよ、ロードスター。(^^;

なので、プラグとプラグコードのみで考えると、交換前も特に調子が悪かったわけでは無い思われる。だから、イリジウムとしての効果は正直なところ分からない……。けれど相変わらずエンジンの調子も良いし、気分的には良いものです。何年も使うものだし、プラス数千円だものね。

ラバーブーツインシュレータとダストブーツ

シフトレバーの付け根にあるゴムパーツで、私のは劣化して切れてしまっていた。症状が軽かったのか不便は感じてなかったけど、転ばぬ先の杖って感じで交換。なので、特に効果らしいものは感じなかった。だが、交換から数ヶ月の間はゴムが硬いというか馴染んでいない為か、抵抗が増えた感じでシフトが若干渋くなった。シフトレバーを傾けるたびに、ゴムの「モクッ、モクッ」という音も。1年経った今は音も無くなくなり快適。

クーラント

購入してから(4年間)交換してなかったし、前回いつ交換されたのかも不明だったので、定期メンテの意味合いで交換。かなり汚れていたようです。街乗りがほとんどの私には、当然ながら冷却液交換の効果を確認することは出来なかった。水温計も油温計も付けてないしな……。

パーツインプレッション(その3)」に続く……

|

« パーツインプレッション(その1) | トップページ | パーツインプレッション(その3) »

コメント

また、更新してる。
良いことです。

今度は、ヒカルロボにとっての“ロードスターの素晴らしさ”を聞きたいなぁ。君にとってのロードスターとは、何ぞや!

投稿: 新 | 2006年7月20日 (木) 22:15

私にとってのロードスターは移動手段であり、
快楽享受のための装置ってところかな?
……なんて言ったら元も子もないか。

ホントに好きなものって意外と書くの難しそう。
「だってしょうがないじゃない〜♪」(by 和田アキ子)
みたいなもんだからなぁ。

投稿: ヒカルロボ | 2006年7月21日 (金) 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/10990349

この記事へのトラックバック一覧です: パーツインプレッション(その2):

« パーツインプレッション(その1) | トップページ | パーツインプレッション(その3) »