« パーツインプレッション(その2) | トップページ | やる気の無いバス路線案内図 »

2006年7月22日 (土)

パーツインプレッション(その3)

前回、前々回の「パーツインプレッション(その1)」「パーツインプレッション(その2)」に続き、愛車ユーノスロードスター(NA6)のパーツのお話です。

センターパネル(コンソール)

NA6のセンターパネル(コンソール)

写真は交換前のもの。
今は ZOOM のドリンクホルダーを外してしまってます。

エアコン吹き出し口の裏にあるネジ止めのプラスチックが割れてグラグラしまっていたので交換。

これはカーステレオを新調した際に、オートバックスの整備屋にやられてしまったもの。整備のお兄さんは何も言ってくれなかったから、その時は気付かなかった。後日、自分で初めてセンターパネルを外した時に破損していることが判明。センターパネルを外す作業がある場合は、もう二度とオートバックスには頼まない。

まぁ、取り外し手順が面倒だから(ロードスターの専門店を除けば)どこにお願いしても割られちゃうのかもね。後から自分で割っちゃった部分もあったし……(^^;

交換後はグラグラも無くなって気持ちイイ。ただよく見ると……ダッシュボードと微妙に色合いが違う。ダッシュボードが「真っ黒」な感じなのに対して、新しいセンターパネルは「青みがかかった黒」って感じ。このあたりの違いは製造年とか経年劣化が関係しているだろうから、仕方ないかな。

ホイール(Weds Sports RS-5)エアバルブ パッキン交換

Weds Sports(ウェッズ スポーツ)RS-5

このホイールは中古で購入したものだが、エアバルブ(パッキン)の劣化が原因で空気の抜けが早かった。およそ月に0.1気圧くらいの抜けだったが、1本は月に0.3気圧(もっと?)とか抜けちゃって、安心してドライブも出来ない状態だった。

エアバルブ(パッキン)はメーカー取り寄せとなったので、ちょっと時間がかかった。交換後は全くといって良いほど抜けが無くなり快適。あと、交換前はブロンズっぽい色だったのがボディと同じ赤になって、ちょっと嬉しかった。

 

Fバンパー塗装

あちこち傷ついていたフロントバンパーを塗装してもらう。実は車検の直前に、ファミレスの駐車場でぶつけられてしまって、大きめの傷がついていたのでした。ファミレスで夕食を食べていると、店内の放送で呼び出しがあり……嫌な予感は的中、私のロードスターにぶつけてしまった人が名乗り出てきたのでした。けれども、このご時世、正直に名乗り出てくれる人なんて少ないんじゃないだろうか。ぶつけられたのは残念だったけど、相手がいい人だったのは不幸中の幸い。

ユーノスロードスター

バンパーはへこんでいるわけでも無く、目立つ傷だなぁという感じだった(フェンダーじゃなくて良かった!)。お互いの連絡先を交換して、後日修理代を請求するという事でその日は終了。

私は「こんな正直者から金を巻き上げちゃいけねぇよなぁー」と思い、バンパー塗装全額は請求しない事にした。業者さんには「その傷のみを修理した時の見積」を別途出してもらって、請求したのでした。

嬉しい事に、板金屋さんは頼んでいないにもかかわらず、ベコベコに曲がっていたナンバープレートも平らにしてくれました。おまけにナンバーステーも水平に!以前は地面に対して水平が出てなくて「悪そうな(ヤンキーっぽい?)ナンバープレートだね。」と言われる事も少なくなかったので。ww

更に(余った塗料でやってくれたのだろう)フェンダーやマッドガードの傷に塗装までしてくれました。もちろんサービスでやってくれているので(錆びないように)上塗りって程度だったのだけど、嬉しかったなぁ。

以上、去年の車検時に行ったメンテナンスのインプレッションは終わりです。

|

« パーツインプレッション(その2) | トップページ | やる気の無いバス路線案内図 »

コメント

凛々です。あ!凛青です。
おたくはお宅? カーマニア?
「車にお金かける人って、自分にお金かけないのよね。」
という持論を持っている人が居ましたが、ヒカルロボはどうなんでしょうか?

投稿: 凛々 | 2006年7月22日 (土) 18:54

>凛々 さん

コメントありがとうございます。
子供の頃からクルマは大好きでしたが、別にカーマニアじゃないですよ。

形あるものはいずれ壊れる宿命にあります。
今回の3つの記事は、年季が入った車の調子を維持する為に必要な消耗品ばかりです。
特別高価なものはありません。ってゆーか、限りある私の収入では買えません。
同じ車に乗ってる人の役に立てればいいなぁー、みたいな感じで書きました。

> 「車にお金かける人って、自分にお金かけないのよね。」
> という持論を持っている人が居ましたが、ヒカルロボはどうなんでしょうか?

私には当てはまらないと思います。
仕事柄、創作の道具にお金を優先させるので、車にはお金かけられません。
車にお金かけても、直接的に何かを生み出す道具にはなりませんから。
創作の道具にお金をかける事は、自分への投資と思ってます。

ただし「三度の飯より車が好き」って人は好きです。愛すべき馬鹿。
実際、愛車のユーノスロードスターはそんな人達によって作られましたし、世界中で愛されています。いま上映している「カーズ(Cars)」という映画では、日本車で唯一出演してる車なんですよ。すごい脇役ですが。(^_^)

この辺の心情は男のロマンなんで、女性には理解し辛いかも?

投稿: ヒカルロボ | 2006年7月24日 (月) 17:24

オープンカー乗っていることじたい、馬鹿です。でも、この愛すべき馬鹿にエールを贈ろう。
オープンカーには、慢心、淀み、日常といったものがない。常にフレッシュなのである。
ミニバンが広くて開放的だって?馬鹿を言っちゃあいけません。オープンカーには、無限に広がる天空があります。
オープンカーはクルマを、そして空間を超越した存在なのです。

投稿: 新 | 2006年7月24日 (月) 23:04

>新さん

あ、馬鹿が降臨してきた ww

> オープンカーはクルマを、そして空間を超越した存在なのです。

ここまで熱くクルマを語れるなんて……そんなキミを愛しているよ ww
いやしかし、屋根を開けて走る気持ちよさは、他には代え難いね。

この間も山ん中の峠道走ったけど、木々のトンネルをくぐっているようで、遊園地のアトラクションなんかよりずっと楽しいと思った。やたら細い道で雨の後だったから、山から道路に水は流れ出してるわ、小石(落石)やら木の枝は落ちてるわで、ちょっとビビったけどねぇ。

あの臨場感は、普通のクルマでは味わえないと思います。

投稿: ヒカルロボ | 2006年7月25日 (火) 06:10

>凛々さん、新さん
コメントありがとうございます。コメントの投稿にはメールアドレスは必須じゃないので、記入しなくても大丈夫ですよ。

投稿: ヒカルロボ | 2006年7月25日 (火) 06:15

ヒカルロボ。君は、まじめだね。ヒカルって奴は真面目な奴が多い。ニヤ。
そんな私も、真っ赤なオープンカーに憧れています。
アルファロメオあたりの古い車。売ってないかね。
あ、でも、今は買えないよ。ふふふ。

投稿: 凛々 | 2006年7月25日 (火) 18:47

>凛々さま

> ヒカルロボ。君は、まじめだね。ヒカルって奴は真面目な奴が多い。ニヤ。

まじめですか?
ちょっとワルになりたいという願望はありますが、慌て癖があるので無理。
格好ワルって感じです。

> そんな私も、真っ赤なオープンカーに憧れています。
> アルファロメオあたりの古い車。売ってないかね。

おおぅ!アルファスパイダーですね。ググると出てきますよ。
http://www.carsensor.net/catalog/alfaromeo/alfa_spider/
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/2954/
ラテン民族が作った車って、維持が大変ですよ……。
それこそ自分にお金かけられなくなるのでは。
しかし、何かと絵になるクルマです。私には色気があり過ぎかな。

投稿: ヒカルロボ | 2006年7月27日 (木) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36583/11030931

この記事へのトラックバック一覧です: パーツインプレッション(その3) :

« パーツインプレッション(その2) | トップページ | やる気の無いバス路線案内図 »