« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年8月25日 (土)

不愉快なタクシーのアクセルワーク

このところ仕事が忙しく、最寄り駅までの終電も間に合わずタクシーに乗る機会が多い。昨今のタクシー運転手は話しかけてくることも少なく、お互い無言のままの事が多い。

そんな事情と、個人的に車が好きなこともあって、タクシーの運転手さんの運転技量を観察したりしている。で、この2週間ほどの間に、運転に変化がある事に気付いた。別に注意深く観察しなくても気付くレベルなんだけど。

タクシー

写真はイメージです

変化したのはアクセルワーク。一定速度で巡航することろを2秒間隔くらいでアクセルを戻したり踏み込んだりをひたすら繰り返すのだ。ブーン、ブーン、ブーン……と、微妙に加速と減速を繰り返すわけで、車体はピッチング(前後方向の浮き沈み)する。首が前後に振られて乗り心地が悪いったらない。

運転手さんはもうアクセルのオンオフに気をと取られて、流れに乗るのも忘れているようだ。ヘタクソ!乗っていてイライラする。

さてはて、何でまたこんな運転をするのだろうか?って、もう決まっている。乗車料金を上げたいのだろう。実際私の家までの乗車料金は通常1,200円台(夜間3割増)で、交通の流れが良いと1,220円という事が多い。今日は運が悪いなぁと思う日でも、これまでは最高1,300円だった。

ところが、先のアクセルワークをするタクシーは1,380円。最高記録樹立。しかも2週立て続けに。まぁ2回続いたくらいじゃ偶然という可能性も捨てきれないけどね。

タクシー業界がどういうパラメータを元に乗車料金を決めているのか知らないが、燃料消費量も勘定しているのだとしたら先の運転方法は納得がいく。無駄に加減速したって誰も得しないんだしエコじゃないんだから、料金を上げたいという事しか考えられない。

条件によってはアクセルオフ時にECUが燃料カットするので燃費が良くなる場合もあるが、今回は当てはまらないと思う。仮にそうだとしても、あのひどい乗り心地と天秤にかける程の事だろうか。

今度タクシーに乗って、同じアクセルワークをされたら理由を訊いてみようと思う。
世知辛い世の中だね。

↓検索したらこんなページを見つけました。面白いです。

理屈でおぼえる燃費向上ドライビング
http://www.nenpikoujyou.com/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »