2010年6月22日 (火)

生きるためのデザイン、を見てきた

久々の更新です。前回の更新から2年以上経ってるのでヒカルロボは死んでしまったのではないかと思ってる人もいるかもしれませんね。ざんねん!ヒカルロボは生きていた。

私は相変わらずデザイナーを続けていますが、このところ「○○デザイン展」というイベントに足を運ぶことはほとんどありませんでした。「俺、勉強サボってる!これはイカン!」という事で、刺激を求めデザイン展に2箇所ほど廻ってまいりました。で、その2つには共通点があったので、まとめて紹介しようと思います。(まず無料ってのが大いなる共通点でしたが……)

ひとつ目は「世界を変えるデザイン展」です。

世界を変えるデザイン

世界を変えるデザイン
シンシア-スミス著

“発展途上国に住む人々が直面する、さまざまな課題を解決してきた”デザイン”を紹介する「世界を変えるデザイン展」”

本も出ています
世界を変えるデザイン―ものづくりには夢がある

展示の内容については以下のリンクを参照下さい。スイマセン。

AXISギャラリー

AXISギャラリー

六本木の東京ミッドタウン・デザインハブとアクシスギャラリーで開催されました。AXISに行くのは久しぶりです。

会場はこんな感じ……。早めの時間(昼頃)に行ったにも関わらず盛況です。最終日だったという事もあると思います。若い人たちが多い印象。


ふたつ目は「ユニバーサルデザイン ビジネスシンポジウム2010

Renaissance / Soundtrack

トヨタ ユニバーサルデザイン ショウケース

会場は東京・青海 MEGAWEB内トヨタ ユニバーサルデザイン ショウケースでした。

実は初めて行きました。面白いです。ユニバーサルデザインをテーマに色んなモノが集められてます。改めてのんびり訪れてみたいと思います。あ、展示してあるモノは微妙に古いです。10年くらい前のモノが多いかな?あとバブル期の建築だと思うのだけど、微妙に70〜80年代の雰囲気。なんだろう。でもオススメのスポットですよ。クルマもたくさんあるし。

本題。まず最初の挨拶。日経デザインの下川編集長の挨拶が印象に残る。
日本のお金持ち順位は世界で3位。ユニバーサルデザインもこの上位の人たちを相手になされてきた。しかし近年、ユニバーサルデザインの考え方が発展途上国や貧困層を対象として含めつつある……とのことです。

その後、経済産業省 製造産業局 クール・ジャパン室 高木美香氏が挨拶。うお、肩書きに圧倒されて何を話していたのか覚えていない。検索すると出てきますね。

そして基調講演とゲスト講演があるのですが、両方とも先の「世界を変えるデザイン展」のプロダクト(プロジェクトと言った方が正しそう)に関わった方で、内容もそれに関することでした。「あ、AXISの展示が移動してきたんだな」と思いました。私にとっては理解を深めることが出来て好都合でした。

エミリー・ピロトン氏

基調講演は「Project H Design」創設者、「Design Revolution」著者のエミリー・ピロトン氏。

のっけに話した事にまず共感です。「現在、多くのプロダクトデザイナーが作ることの意味を深く考えること無しに、ただ消費するためのデザインに荷担していることに疑問を感じている。」

「消費のためのデザイン」もある事を認めた上で、Project H Design が目指している「問題解決のためのデザイン」の重要性を説いていました。

ちなみに私は消費寄りのデザインが苦手です。派手めの広告やファッション寄りのものはセンスありません。興味が無いというか、消費に荷担するためだけに仕事はしたくないと思っています。なのでピロトン氏の発言にはとても共感しました。

消費向けのデザインを否定するつもりはないです。そして自分にファッションやグラフィックのセンスがないのでコンプレックスあります。ぶつぶつ。

Project H Designの事は本家のページにも載ってますが、メモとして書いておきます。間違ってたらスイマセン。
http://projecthdesign.org/about.html の「Our Process」の段落

  1. Design through action.
    行動、実行することが最も重要
  2. Design systems,not stuff.
    モノではなくシステムを創る。
  3. Design WITH, not FOR.
    「〜のために」ではなく「一緒に」
  4. Start locally, and scale globally.
    ローカルに始め、グローバルに拡大してゆく。
  5. Document, share, and measure.
    文書化し、共有し、評価する。

ラビ・チャタパー氏

さて、次のゲスト講演は frog design Shanghai ストラテジーディレクター ラビ・チャタパー氏。「ピロトン氏のProject H Designとは違い我々フロッグデザインは利益を追求するデザインをしています。」と切り出します。

「デザインの価値」は何なのか、クライアントに説明を求められたときに説明できる数字、科学的アプローチが大切ということが言いたいようだ。ううむ、この辺で頭が疲れはじめる。会場寒いし。

デザインイノベーション

デザインイノベーション
ハルトムット・エスリンガー著

実は先週、フロッグデザインの創始者ハルトムット・エスリンガー氏の著書「デザインイノベーション デザイン戦略の次の一手」を買っていたので、それ読めばいいんじゃないかと思い始め、集中力が切れてました。すいません。

この本、まだ読んでませんがパラパラめくったところ字が大きくて読みやすそうです。「戦略」なんて言葉はおおよそ私には合わないし関わりたくもないけれど、自分を売り込むための知識として使えそうだと思ったのでした。

なんか帯に「デザインとは優れたビジネス戦略の一部であって、芸術ではない。」って書いてあるな。芸術じゃないというのは同意だけど、すげぇムカつく一文です。もしこんなことを上司やクライアントから言われたら、少なくとも私はモチベーション下がっちゃいます。

話は会場にもどり……その後、事例の講演があったのですがここでは省略です。

モノではなくシステムでした

さて、両方の展示をみて共通していたこと。展示されているものはプロダクト、つまりモノなのですが、重要なのはシステムとかビジネスモデルの方でした。

モノから解決していくのではなく、まず生活の仕組みを変えていく方法を考え、それにモノがついていくという発想です。ユニバーサルデザインの守備範囲が広がったな、と思いました。

もうひとつ。ユニバーサルデザインというと「人に優しい」とか「使いやすい」というキーワードが思い浮かんでいました。しかし今回の展示では、生活のための切実な事情を解決していく事例が多く「人が人らしく生きていくための解決策」もユニバーサルデザインとして捕らえられつつあるんだな、と気付きました。

個人的にはちょっとモノ足りず

この数年私はウェブデザインばかりやってます。画面に映されるものだけを作るのは味気ないと思う瞬間もあります。今回の展示を選んだのは「手に触れられるモノ・デザイン」側からの刺激を求めていたという理由がありました。

けれど上記のようにシステムの話が主役として語られ、モノにはあまりフォーカスされてませんでした。個人的にはモノ好きな性分でもあるのでちょっとモノ足りなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

バブル建築へGO!

バブル建築へGO!

バブル建築へGO!
(¥1,680 エクスナレッジ)
クリックで雑誌詳細(出版社)のページを開きます

ムック本の紹介です。
この本、バブル時代の建築が皮肉たっぷりに面白おかしく解説されてます。

私はバブル後期に大学入学→在学中にバブル崩壊しちゃった世代なので、否応なしに影響受けちゃってる。だから、なんだかヒトゴトには思えなくて衝動買い。バブル崩壊から時代が一回りしたいま、当時の建築を振り返ってみようという趣旨の本です。

一般に建築の本というと、小難しく聞こえる思想やら単語が並んでて「あー、もー面倒くせー」という部分もあったりするのだけど、この本はそんなの関係なく見て楽しめるポップな体裁になってるのが良い感じ。

内容は結構笑えるもので、例えば「東京バブル建築ツアー」「赤坂おさんぽマップ」なんて建築一覧地図も載ってる。今度カメラを持って散歩してみようかな。こんな本が欲しかったよ。ww

バブル時代の建築はトンデモない造形で「これは美しいのか?」と疑問符がつくものが多い。けど、じゃあバブル崩壊後〜最近の建築はどうかというと「スマートで格好良いんだけど、どれもモダン一辺倒で金太郎飴じゃないか?」という気もしている。(少なくとも私のような素人にとっては)

個人的な好みを言うと、バブルもモダンも落ち着かなくて居心地悪いというか、自分にはしっくりこない気もしてるんだよな。(^^; どっちも非日常感を演出しすぎなんじゃないかと思うのです。だから疲れる。かと言って代案があるわけじゃないんだけど。

どうせ疲れるなら「押しつけがましい清潔感の金太郎飴」と「泥臭くて品がないけど個性的な建築」の両方があって良いんじゃないかと、この本を眺めていて思ったのでした。まー建築も所詮はファッションって事なのかな。どうなんだろね?

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンは木目調の内装で、石と鉄とガラスの冷たさが抑えられてる感じ。
Panasonic DMC-LX2   オート 1/25sec F2.8 ISO200(28mm域)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

かなまら祭

かなまら祭をご存知だろうか? 川崎の若宮八幡宮で毎年行われるお祭りのひとつだ。海外でもちょっと知られているらしい。実は私の家の近所なんだが、10年以上住んでいるのに今年になるまで知らなかった。

若宮八幡宮(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/400sec F14 ISO400(17mm域)
桜が綺麗な日の事でした。

その日、神社の前に人が多く集まっているので「あぁ、今日は祭りなんだぁ」と思って眺めていると外人観光客がたくさんいる。一眼レフまで構えている(しかも俺のレンズよりイイ……ムキッ)。「しかし、なんでこんな辺境に人が集まるか?」と思っいていた。

境内から出てくる3つ目の神輿(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/320sec F13 ISO400(36mm域)
神輿キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!! みんな写真撮ってます。ここはバス通りなんだけど。

そんな疑問は境内から神輿が出てきたときに一瞬で吹き飛んだ。外人観光客のお姉さんも「Oh my God!」と叫んでいる。これは面白い!なんてファンキーなんだ!

神輿をかつぐ人の掛け声も普通じゃない。「ワッショイ!」ではなく「でっかいまーらー!」なのだ。いいのか?いいのか?公衆の面前で臆面もなくこんなモノと掛け声。www

外人さんも参加(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/200sec F9.0 ISO400(40mm域)
商店街をねり歩きます。外人さん(観光客?)も「デッカイマーラー!」って叫んでます。

ちなみに神輿は全部で3つあって、どれもナニの形をしている。一番派手なピンク色の神輿はニューハーフが担ぐ伝統(?)らしい。この祭りの歴史などの詳細はウィキペディアを参照願いたい。(http://ja.wikipedia.org/wiki/若宮八幡宮_(川崎市)

2つめの神輿(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/320sec F13.0 ISO400(17mm域)
2つめの神輿は左右に揺さぶりまくります。

神輿が街を回っている頃、境内ではこんな風景が。男根を模した丸太に女性がまたがると御利益があるらしい。

丸太にまたがるうら若き女性(かなまら祭)

シュールな絵が撮れました。

外人さんノリノリ(かなまら祭)

男性の外人さんもノリノリでまたがってます。でも、ギャラリーから「男はダメよ〜」て諭されてました。(笑)

出店の風景(かなまら祭)

楽しい形をした徳利などが売られています。どこで作ってるんだか……。

お祭りってそれなりに伝統とかあるだろうから、私の中ではお堅いイメージがあったんだけど、日本にもこういう柔軟な発想があるんだなって意外に思った。私はこういう祭りは好きだ。だってみんなニコニコしてるんだもん。www

毎年4月の第1日曜日に行われるので、●●●を見たい方は観光に来られてはどうだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

マイフォント(MY FONT)

マイフォントって知ってますか?
自分の筆跡を元に、世界で一つだけのフォントを作ってくれるサービスです。この文章は私の筆跡を元に生成されたフォントを使ってます。

デザインをやっていると「どこでどんなフォントを使おうか?」と、フォントメニューとにらめっこすることが多いのですが、その中に自分の筆跡(フォント)が入っているのは何だか楽しい。

いつか、ネット上に表示される文字が、それを書いた人の筆跡で読めるようになるかもしれません。そんな時代が楽しみです。(怖くもあります)

マイフォントって知ってますか? 自分の筆跡を元に、世界で一つだけのフォントを作ってくれる サービスです。この文章は私の筆跡を元に生成されたフォントを 使ってます。 デザインをやっていると「どこでどんなフォントを使おうか?」と、 フォントメニューとにらめっこすることが多いのですが、その中に 自分の筆跡(フォント)が入っているのは何だか楽しい。 いつか、ネット上に表示される文字が、それを書いた人の筆跡で 読めるようになるかもしれません。そんな時代が楽しみです。 (怖くもあります)

TechnoAdvance(自筆フォント作成サービス MY FONT)
http://www.techno-advance.co.jp/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年3月 9日 (水)

ファインダーから作品観賞

石井誠、菅原史也、田村渓による木彫展

彫刻 −生成と代謝−

石井誠、菅原史也、田村渓
による木彫展

3/12(土)〜21(月)
11:00〜19:00(最終日17:00)
会期中無休

〒 251-0052
神奈川県藤沢市藤沢 1055
phone/facsimile 0466-55-6833
http://members.jcom.home.ne.jp/
gineta/

アート(芸術)とデザイン、職業として考えるとアーティストの方がデザイナーよりも大変だと思う。純粋に「美」を追及するアートの世界は、機能や消費を優先するデザインに比べて圧倒的に仕事の数が少ないだろう。

絵画と彫刻をやっている友人がいる。アートで飯を喰っていけてるなんて、すごいなぁと思う。そんな彼が作品展を開くことになり、その DM に使う彫刻作品の撮影依頼を受けた。

恥ずかしながら、ワタシはアートの世界をよく知らない。彼の彫刻作品をパッとひと目見ても「なんか分からんがスゲェ。オレには絶対ムリ。」という感想は持つものの、その評価をどう表現していいか分からない。「作品を見る眼」とボキャブラリーの無い自分が情けない。変に表現しようとすると「まったりとしている。それでいてしつこくない。」とか、某漫画のように意味不明な言葉になってしまいそうだ。

なんて思いながらカメラのファインダーを覗き、ライティングやアングルをあれこれ試行錯誤してゆく。カシャカシャと何枚も撮っているうちに作品のすごさが分かってくる。随分とエロい色気のあるカタチだ。いや〜オモロイ。よくこんなカタチを作り(彫り)あげたねぇ〜、と感心することしきり。

シャッターを切りながら「いいヨ、そのラインいいヨォ〜。」と声をかけたくなってしまった。(モデル使った撮影会なんて、こんな感じなんでしょうかね?行ったことないので分からないけど。)作品のツボが掴めれば、ライティングなどもバシッと決まって撮影は無事終了。

やはり、じっくり観察しないと作品の良さってのは分からんものだ、と改めて実感したのでした。逆に考えれば、分からないと思っていたものでもちょっと観察すれば見えてくるものもあるんだな、とポジティブにも考えてみたり。そこで初めて「観察」が「観賞」になるのかも。

彼の作品がどんな風に良かったのか、言葉では説明するのは難しい。料理のおいしさを説明するのと同じなのかもしれない。(ワタシにボキャブラリーが無いのは置いといて……)

彼の作品展(グループ展)の詳細は右上の通りです。お時間のある方は是非足を運んでみてください。

※ワタシは中央の写真を撮影しただけで、DM のデザイン・編集はしていません。
(DM 制作者に敬意を込めて)

| | コメント (3) | トラックバック (0)