2010年9月26日 (日)

幕張(海浜幕張)にブルーインパルスが来ました!

2010年9月25日、13時55分頃、千葉国体の開会式の展示飛行です。
ビルの間をスモーク引きながら飛ぶなんてめったに観られるものじゃないと思い、撮影してきました。ビルと編隊を一緒に撮るため、広角レンズを選択です。

しかし航空祭と違って、同じ場所でグルグルと曲技飛行をしてくれるわけではありません。真っ直ぐ通過するだけ。シャッターチャンスは数秒しかない……。撮り直しはきかず「ホントに俺の上を飛んでくれるのか?」という心配もありました。

撮影ポイントに着き、不安な想いで待つこと15分。

キタ━━(゚∀゚)━━!

海浜幕張にブルーインパルス:キヤノンと住友の間を通過

キヤノンと住友の間を通過

キィィィーン

海浜幕張にブルーインパルス:キヤノンと住友の間を通過

ゴォォォォーー

海浜幕張にブルーインパルス:NTTを通過

海浜幕張にブルーインパルス:NTTを通過

NTTを通過

海浜幕張にブルーインパルス:イオンを抜けてマリンスタジアムへ

イオンを抜けてマリンスタジアムへ消えていきました。

おまけ

入間基地へ帰投

海浜幕張にブルーインパルス:帰投

縦位置で撮りたかったとか、撮像素子(CMOS)にゴミ付着しまくってるとか反省点は多々あるけど、天気も良かったし楽しく撮れました。家からチャリで10分の場所でブルーインパルス撮れるとか、もう二度とないだろう。(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

かなまら祭

かなまら祭をご存知だろうか? 川崎の若宮八幡宮で毎年行われるお祭りのひとつだ。海外でもちょっと知られているらしい。実は私の家の近所なんだが、10年以上住んでいるのに今年になるまで知らなかった。

若宮八幡宮(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/400sec F14 ISO400(17mm域)
桜が綺麗な日の事でした。

その日、神社の前に人が多く集まっているので「あぁ、今日は祭りなんだぁ」と思って眺めていると外人観光客がたくさんいる。一眼レフまで構えている(しかも俺のレンズよりイイ……ムキッ)。「しかし、なんでこんな辺境に人が集まるか?」と思っいていた。

境内から出てくる3つ目の神輿(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/320sec F13 ISO400(36mm域)
神輿キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!! みんな写真撮ってます。ここはバス通りなんだけど。

そんな疑問は境内から神輿が出てきたときに一瞬で吹き飛んだ。外人観光客のお姉さんも「Oh my God!」と叫んでいる。これは面白い!なんてファンキーなんだ!

神輿をかつぐ人の掛け声も普通じゃない。「ワッショイ!」ではなく「でっかいまーらー!」なのだ。いいのか?いいのか?公衆の面前で臆面もなくこんなモノと掛け声。www

外人さんも参加(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/200sec F9.0 ISO400(40mm域)
商店街をねり歩きます。外人さん(観光客?)も「デッカイマーラー!」って叫んでます。

ちなみに神輿は全部で3つあって、どれもナニの形をしている。一番派手なピンク色の神輿はニューハーフが担ぐ伝統(?)らしい。この祭りの歴史などの詳細はウィキペディアを参照願いたい。(http://ja.wikipedia.org/wiki/若宮八幡宮_(川崎市)

2つめの神輿(かなまら祭)

EOS 20D  EF17-40mm F4L オート 1/320sec F13.0 ISO400(17mm域)
2つめの神輿は左右に揺さぶりまくります。

神輿が街を回っている頃、境内ではこんな風景が。男根を模した丸太に女性がまたがると御利益があるらしい。

丸太にまたがるうら若き女性(かなまら祭)

シュールな絵が撮れました。

外人さんノリノリ(かなまら祭)

男性の外人さんもノリノリでまたがってます。でも、ギャラリーから「男はダメよ〜」て諭されてました。(笑)

出店の風景(かなまら祭)

楽しい形をした徳利などが売られています。どこで作ってるんだか……。

お祭りってそれなりに伝統とかあるだろうから、私の中ではお堅いイメージがあったんだけど、日本にもこういう柔軟な発想があるんだなって意外に思った。私はこういう祭りは好きだ。だってみんなニコニコしてるんだもん。www

毎年4月の第1日曜日に行われるので、●●●を見たい方は観光に来られてはどうだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

文京区の路上にて

個人指名の立看板を見かけました。

写真:文京区の路上にて

EOS 20D  EF17-40mm F4L 絞り優先 1/640 F6.3 ISO400(17mm域)

池田さん、この界隈じゃ名の知れたスピード狂なんでしょうか……
(撮影:2006年9月某日)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

昼下がりの品川駅港南口

清掃(?)のお兄さんが昼寝してて気持ち良さそうだった。

品川駅、港南口の昼下がり1
品川駅、港南口の昼下がり2
品川駅、港南口の昼下がり3

EOS 20D  EF17-40mm F4L
上.1/125 F13 ISO200(17mm域)
中.1/160 F13 ISO200(17mm域)
下.1/125 F13 ISO200(17mm域)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

中の島大橋の南京錠

木更津の港には、中の島大橋という橋が架かっている。

中の島大橋(木更津)

「木更津キャッツアイ」や「男女7人夏物語」(古っ)で見た事がある人もいるかもしれない。かつて川崎〜木更津間のカーフェリーが通っていた頃は、フェリーがこの橋の下をくぐって乗船場に着岸していた。

先日帰省した際、久々にこの橋を歩いてみたのだが橋の頂上(中央)のフェンスにナニやら南京錠がたくさんかかっていた。

 

ナニコレ?

よくみると南京錠にはカップルとおぼしき二人の名前が書かれている。二人の愛を永遠に……みたいなおまじないなのだろう。

聞くところによると江ノ島には南京錠をかけるフェンスがあるらしい。それが飛び火したのかな。

一緒にいた友人は「この南京錠をかかけたあと、鍵を海に投げ込むのだろう」と想像していたが、きっとそうに違いない。

なんたって永遠の愛なんだから、鍵は不要なはずだ。

中の島大橋(木更津)の南京錠1
中の島大橋(木更津)の南京錠2

 

中の島大橋(木更津)の南京錠(ダイヤル式)

けど、ダイヤル式の南京錠もあった。

「こいつは頭が良い」とは友人の弁。アハハ。

潮風でダイヤルが固着しちゃいそうだから、解錠するときにはCRCを忘れないようにしないとね。

 

中の島大橋(木更津)の南京錠(オレ)

オレ……???

 

この手の観光地(?)には落書きがつきもの。
木更津という土地柄から氣志團ネタも多かったが、何の脈絡もない下ネタとかは結構笑えて嫌いじゃない。

デブはうせろ ち●ち●

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

カエルたん (*´ω`*)

やっぱりコイツは両生類だわ。
暑中お見舞い申し上げます。

蛙・カエル

EOS 20D  SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG(1/320 F4.0 ISO400)
2006年08月 群馬県利根郡新治村にて撮影

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

やる気の無いバス路線案内図

先日、故郷の木更津に帰った時の写真。
木更津駅西口のバスロータリーで撮影したもの。

バス路線案内図(木更津駅西口)

バスに乗ったらどこに連れていかれるのだろうかと、ちょっと不安になる。
↓左からから「袖ケ浦駅」「長浦駅」「姉崎駅」

左から「袖ケ浦駅」「長浦駅」「姉崎駅」

この手の案内板はインスタントレタリングっぽいもので書かれている。過去にも「やる気の無いお知らせ」を掲載したけれど、耐久性に難ありだな。

※ Camera : A5406CA

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

一眼レフでスナップ

ちょっと前の話、5月のことだけどアメ横でスナップ写真を撮った。

一眼レフを首から下げて街を歩くなんて、10年ぶり……いやもっと経っているかな。こんなご時世、街中でカメラを構えるなんて怪しいオサーンに思われるんじゃないかと、ちょっとドキドキ。まぁ、上野界隈は観光地でもあるわけで、そんなに気にすることも無かったわけだが。

アメ横の写真

EOS 20D EF17-40mm F4L 1/320 F5.6(17mm域で撮影・Photoshopで補正済)・クリックで拡大します

学生の頃、授業の課題もあったりで街中のスナップ写真を撮る機会が結構あった。ある日、街(赤羽方面)を撮り歩いているとボロボロになったトタン塀を発見。古ぼけてイイ感じのテクスチャーだった。カメラを構え構図を決めていると、斜め上方のアパート2階の玄関から「アンタ何やってんの!!」というおばさんの甲高い声が。

あぁ……のぞき屋か何かと思われたな……(T_T)。私は正直に「この塀の模様が綺麗だと思って写真撮ってるんですけどー」と答えたんだが、そのおばさんは何も答えてくれず、玄関の中に逃げてしまった。おばさんの気持ちも解るんだが、こんな時は結構悲しい気分になる。

永田町の近所では、おまわりさんに職務質問もされた。ちょうどその日はアメリカの大統領が来日する日だった(すっかり忘れてた)。道理でこんな人の良さそうな顔した私にも職務質問するわけだ。

あと、プラプラ撮り歩いてたら、うっかり吉原のメインストリートと思われるところに紛れ込んじゃった事もある。道の両側にズラーっと呼び込みのお兄さん達。「怖ぇー、こんなところで一眼レフ首から下げてたらヤバイんじゃん?(でも撮りてぇー)」と下を向きながら早歩きしたのも遠い日の思い出。

そんなわけで、久々のスナップ撮影は若かりし日のことを思い出させてくれ、かなり楽しかった。いやしかし、腕落ちたなぁ俺。だって水平・垂直にカメラ構えられないんだもん。また色々な街を撮り歩いて勘を取り戻したいと、想いを新たにしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

イメージバトン from ~抜き打ち日記~

イメージバトンです。
~抜き打ち日記~」さんから回ってきました。
イメージバトンとは何かというと、

  1. テーマからイメージするもの
  2. 次のお題
  3. バトンをまわしてくれた○○さんのこと
  4. 次にバトンを回す人

という構成で人から人へ回していくものらしいです。
music baton のエッセイ版ってとこかな?

1、テーマからイメージするもの

うみほたるから木更津側を望む

東京湾アクアラインの「うみほたる」
から木更津側を望む

ワタシがいただいたお題は
「田舎暮らしと都会暮らし」
お題から脱線しちゃうけど、住んできた街について思ったことをツラツラ書こうと思います。

0438

ワタシは千葉県木更津市出身で、モロ田舎育ち。近所の大都市といえば千葉市で、それでも電車で40分ほど。ただ、子供のころ('70~'80s)の木更津市は周辺の市町村と比べてちょっと大きな街でした。だから小僧のころは「ちょっとした都会」だと勘違いしていました。

0426

で、大学生になって八王子市で一人暮らし。住所が「東京都」ってだけでスゲーと思ってました。八王子の駅ビルでかいし。そして、マックスコーヒーがローカルな飲み物だという事を初めて知り、さすが東京だと思いました。いま考えると八王子はスゲー田舎です。

0425
国立駅前

その後、国立市に移り「洗練された都会の香り」を学習しました。国立が都会?洗練されている?という異論がある人もいるだろうけど、房総半島の田舎者の価値観なのでお許しを。東西書店や増田書店が巨大書店と思って、よく通ってました。ディスクユニオンで中古CD買いまくったなぁ。

国立はまた住みたいと、今でも思う。理容店のヘアーサロン・カットバックは今も(もう十数年)お世話になってます。スパゲティ屋の「いたりあ小僧」が好き。行くと必ず2倍盛り(スーパービッグ)です。モスバーガーも夜中までやってて深夜の勉強(仕事)も出来るし。あ〜なんて住みやす街なんだろう。

この頃だったかなぁ、木更津駅前に「EPO」(現在はありません)という若者に媚びたスーパー(ゲーセン込み)が開店しました。そのとき、新聞の折り込みチラシに書かれていたキャッチコピーみてびっくりしたなぁ。

「この面白さは、渋谷か木更津か!?」

工エエエエエエ(´д`)エエエエエエ工
田舎の小羊達に何を吹き込むんだ……

044
サンバカーニバル

サンバカーニバル

現在は都落ちしてゼロヨンヨンです。川の先っちょです。川崎です。近所の商店街は何故か万国旗とか下げられていることもあったり(運動会かよw)。最初は「センスねぇなぁ、さすが川崎」と思いました。しかし、よく考えると人生の1/3を川崎で過ごしてるんだよなぁ。嫌でも愛着が沸いてくる。川崎も広いけれど、うちの近所はなんちゅーか、下町っぽさを感じることがあるよ。歴史なのかなぁ。

川崎駅周辺にはハンズもヨドバシもシネコンもCD屋も品揃えの良い本屋もあって、欲しいモノはほぼ手に入る。モノだけじゃなく、競輪競馬遊廓まで。まさに都会。ザ・都会。都会といえば川崎。

さて
大師橋付近から

大師橋付近(大田区側)
から
川崎市街地と富士山を望む

こうやって住んできた街を振り返ってみると、都会度的にバージョンアップしてきたのかなぁ、という感じはある。と、同時に移り住むたびにその街のことを「都会」だと思ってしまうようだ。もし23区内に住んだら、川崎の事を田舎だと思うに違いない。結局、田舎か都会かなんてのは、とても感覚的で相対的なものらしい。「住めば都会」っすよ。

まー、オイラの趣向全開で言うなら、

チャリンコで気持ちよくカッ飛ばせるところ、そこが田舎。
「信号待ちウゼぇ」と思ってしまうようなところは都会。

これが「田舎暮らし」と「都会暮らし」なんじゃないかと。

2、次のお題

「かっこいいとは、こういうことさ」

3、バトンをまわしてくれた○○さんのこと

フラビオ・ブリアトーレさんの事は面識が無いのでよくわかりません。なんだか派手そうでイメージ悪いです。それとも、フランク・ウイリアムズさんになるのかなぁ。フランクおじさんはチームオーダーでドライバーを縛らず、チームメイト同士を戦わせるから好感が持てます。

失礼しました。バトンをまわしてくれた「~抜き打ち日記~」さんとは、出会ってからもう10年近くなりますな。彼女はテレビっ子で都会っ子とゆーイメージあります。グルメ情報も詳しいので、こ洒落たお店を指南してもらったりとお世話になってます。意外とすっとぼけたところもあります。

4、次にバトンを回す人

感ジルコト」さん、よろしくお願いしま〜す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)